育毛アドバイザーYUKIはげ・薄毛対策Guide

MENU

プロペシアが薄毛に効く理由とは?

プロペシア

 

薄毛治療、AGA治療といったクリニックのテレビCMが頻繁にされるようになったことから、プロペシアやAGAという言葉の知名度が上がってきました。まだまだプロペシアの言葉も知らない人も多いのですが、最近、プロペシアを飲んでいる人が増えてきているのは確かなようです。

 

しかし、実際に飲んでいる人でも、プロペシアはなぜ薄毛やはげに効くのか?何に対して効能があるのかを知らずに飲んでいる人も多いようです。

 

そこで、AGAの基本からプロペシアの何が効果をもたらすのか?誰でも飲んで効くのか?薬ということで副作用は心配ないのか?などを解説していますので、ぜひ、はげ対策の参考にしてください。

 

プロペシアとは?

プロペシア

 

プロペシアは米メルク社が開発したAGA(男性型脱毛症)に効果的なフィナステリドを主成分とした内服薬です。

 

フィナステリドは、アメリカで1997年にAGAの治療薬として認可され、世界60ヵ国以上で承認されています。日本では2005年に厚生労働省によって承認され、プロぺシアという医薬品としてMSD(旧万有製薬)から販売されています。

 

医薬品のため、医療機関で処方を受けないと購入することはできません。

 

有効成分フィナステリドの含有量は1錠あたり1mgで、一日一錠を上限として服用。3ヶ月から半年頃から効果が表れるのが一般的です。

 

フィナステリドはもともと前立腺肥大症の治療薬として開発された物でしたが、副作用で、服用した人の毛髪が増えたことから研究を重ねました。

 

AGA(男性型脱毛症)に効果はありますが、女性には効果が実証されておらず、特に妊婦又は妊娠している可能性のある女性及び授乳中の女性は触るだけでもNGとされています。

 

プロペシア(フィナステリド)がAGAに効く理由

アンドロゲン受容体が関係している

 

主に睾丸にある男性ホルモンのテストステロンが血中から毛包の中にある酵素「U型5αリダクターゼ」と結びつき、DHT(ジヒドロテストステロン)という活性型男性ホルモンが生成されます。

 

そして、アンドロゲンレセプター(受容体)の感受性が強い場合、このDHTと結びつくことで、脱毛因子TGF-β(発毛の抑制成分)が生成され、毛乳頭にある毛母細胞の分裂を抑制し、ヘアサイクルが乱れたりすることで、毛髪の成長に悪影響を及ぼします。

 

プロペシアはこの還元酵素のU型5αリダクターゼを阻害する効果があり、結果としてDHTの産生を抑制できます。そのため、AGA(男性型脱毛症)の進行には効果を発揮するわけです。

 

フィナステリドはU型5αリダクターゼを阻害

 

初めのころは効果に半信半疑だった方も今では多くのリピーターが出ていることは確かですが、少なくとも6ヵ月は服用を続けなければ合うか合わないかが分かりません。

 

フィナステリドに対して効果が出る体質かどうかは、AGA遺伝子検査などのチェックをAGA専門クリニックで受けられます。費用がかかりますが、合わない薬を飲み続けても仕方がないので、気になる方は検査するといいでしょう。自分で出来るAGA遺伝子キッドというのもあります。多少安く検査できますので、利用してみるのも良いと思います。

 

プロペシアは管理人のようなAGAリスクのないタイプは、残念ながら、フィナステリド配合のプロペシアを飲んでも効果がありません。AGA遺伝子検査を受けて、男性型脱毛症のリスクは低いと判定されました。
AGAクリニックによっては、AGAリスク判定が低い場合でも、プロペシアは一定の効果を発揮している実例があると言っていますが、本当のところは分かりません。

 

プロペシアなどのAGA治療薬を飲もうと思っている方は、まずはAGA専門の医師の診察を受けて、症状を明確にすることをオススメします。

 

2種類の5α-リダクターゼについて

フ2種類の5αリダクターゼ

 

フィナステリドはU型5α-リダクターゼを阻害すると言いましたが、この5α-リダクターゼにはT型もあります。T型の酵素は頭皮の皮脂腺に、U型の酵素は毛乳頭に存在しています。

 

毛乳頭にあるということから、U型の方が脱毛に強力な影響を与えることが分かっています。フィナステリドはこのU型のほうに効果がありますが、T型の阻害には効果がありません。

 

とはいえ、AGAは主にU型5αリダクターゼが大きな要因とされていますので、フィナステリドによって多くの人が満足出来る結果を得ているのは間違いありません。

 

ただし、AGAを発症するとT型5αリダクターゼが作用しやすくなるとも言われているので、T型の抑制も必要な場合があります。

 

最近は、T型とU型の両方に作用するデュタステリドがAGA医薬品として厚労省に正式認可され、製品名ザガーロとして一部のクリニックで処方されています。薬学的な安全性と効果が正式に認められたということですが、まだまだ実証研究が少ないこともあり、管理人的には副作用や連続使用耐性に不安があります。

 

プロペシアの副作用について

プロペシア(フィナステリド)の副作用

 

プロペシアを服用することで起こるる副作用について調べました。

 

頭痛、腹痛や下痢、かゆみ、湿疹など医薬品でよく見られる副作用の症状のほかに、性欲減退などの性機能障害の副作用の症例も僅かですが報告されています。

 

また、フィナステリドは、肝臓で代謝されてから血液を通して運ばれていくため、肝機能障害を引き起こすリスクもあると言われています。

 

しかしフィナステリドが特に肝臓に負担がかかるという薬ではなく、風邪薬や痛み止めなどの肝臓で代謝する内服薬とリスクは同じ程度です。要は、元々肝臓が良くなく人は市販薬同様にリスクがあるということです。

 

このような副作用をこうむった方は聞いたことがありませんが、何人かは髪の量が増えたけど、腕の毛が少なくなって肌が白くなったというのはありました。

 

男性ホルモンのDHTが少なくなった、ある意味女性化?というような副作用ではという不安はありましたが、意外にも本人は喜んでいたのですよね^^;

 

副作用の実例はほとんどありませんが、可能性はゼロではありません。このことから、プロペシアの服用は、やはりAGA専門医の指導のもとで行うべきだと思います。

 

なお、服薬中の献血はできません。

 

プロペシアの廉価版フィンペシアなどの海外版

海外版フィナステリド

 

プロペシアは医療機関でなければ手に入りません。保険適用外になりますので、安くても月に8,000円程度必要になります。

 

そんな中、海外版として、廉価なフィンペシアやエフペシア、フィナロ、フィナバルトを購入して服用している人も多くおられます。

 

プロペシアの海外版とでもいうのでしょうか?インドの製薬会社が製造していますが、日本では認可されていません。

 

一部添加物などで成分が異なりますが、有効成分フィナステリドはプロペシアと同じ1錠あたり1mg配合されています。

 

個人輸入などで購入できますが、信用性の点で劣るのは否めません。粗悪品、偽物のリスクも負わなければなりません。

 

プロペシアと同じ効果が出るのかは意見が分かれています。実際に髪の量が増えている方も実際に知っていますが、医薬品を海外から購入して飲むのは、安全性についてのリスクを伴います。やはりAGA専門の病院でプロペシアを処方してもらうほうが安全というのが私の考えです。

 

ジェネリック版のファイザー

ファイザー

出典:https://www.pfizer.co.jp/pfizer/

 

実はプロペシアのジェネリックとして、ファイザー株式会社から発売されたファイザーが厚生労働省から認可を受けて、日本の医療機関でも一部処方されています。会社の名前そのままの医薬品名とは珍しいですね。

 

フィナステリド錠0.2mgと1mgの商品名「ファイザー」は、プロペシアとほぼ同じ内容で、少し価格が安く購入できます。

 

まとめ

プロペシアに配合されている有効成分フィナステリドは、アメリカ食品医薬品局(FDA)と日本皮膚科学会においても効果が認められている成分です。

 

還元酵素のU型5αリダクターゼを阻害し、AGAの原因とされるDHTの産生を抑制します。勃起不全、性欲減退などの副作用のリスクはそれほど深刻ではなさそうですが、ゼロではありません。

 

男性型脱毛症には適応しますが、それ以外の薄毛の原因には対処できません。また、女性には効果がなく、妊婦又は妊娠している可能性のある女性及び授乳中の女性は錠剤に触るだけでも影響を受けることもあるので注意しましょう。

 

プロペシアは、自由診療扱いとなりますので、健康保険対象外となります。そのため、安価な個人輸入代行業者から購入した海外版を服用する方もいますが、粗悪品だったりの安全性の問題がありますのでオススメはできません。AGA専門の医療機関を利用するのが安全です。


知っておきたいプロペシアのなぜ?関連ページ

育毛によい食事で髪を健やかに!
はげ対策の一つとして大切なことが、バランスの良い食事を心がけることです。髪を生成する成分、髪に良い食べ物、食事摂取時の注意点など知って、バランスの良い食事に心がけることで、育毛にプラスに働きかけるでしょう。
ミノキシジルが薄毛に効く理由と副作用について
ミノキシジル(Minoxidil)は、元々は高血圧治療の血管拡張剤として開発された成分。リアップシリーズやロゲインが有名ですが、ミノキシジルは何に効くのか?なぜ効果があるのか?また怖い副作用について分かりやすく解説しています。

メニュー

キャピキシル配合ローション

このページの先頭へ