育毛アドバイザーYUKIはげ・薄毛対策Guide

MENU

はげは遺伝するのか、しないのか?

育毛剤

 

自分の傍系直系の家族にはげの人がいる場合、多くの人が「自分も薄くなるのではないか」という悩みを持つことでしょう。親がはげてるから仕方がないと諦めるわけにはいかないですよね。

 

はげは遺伝するのか、しないのか?と聞かれると、答えは遺伝します。
頭のカタチが親と同じといったことも遺伝ですが、AGA(男性型脱毛症)のリスクがあるなしが遺伝と大きく関係しています。

 

このページでは、男性型脱毛症の遺伝子検査のことや、それに対処する方法や考え方を書いています。遺伝だからといって、諦めなければ、良い方向に進むはずです。

 

AGAとは

最近、テレビCMでよく聞くようになったAGA。Androgenetic Alopeciaを略してAGAと言っているのですが、男性型脱毛症のことです。

 

このAGAの原因は、ジヒドロテストステロン(DHT)という活性型男性ホルモンが大きく関係していることは分かっています。はげ・薄毛が男性ホルモンと関わっているのは、このDHTのことなのですね。

 

DHTが髪のタンパク質生成を抑制することで、髪の成長が止まってしまうのです。

 

DHTが作られる原理とは?

男性ホルモンの主に睾丸から作られるテストステロンが還元酵素の5α-リダクターゼ(特にU型)の働きによって変換されたものがDHTです。このDHTが毛髪の産生を阻害するのですが、もうひとつ関係しているのが毛包内にあるアンドロゲンレセプター(受容体)です。DHTを受け入れるレセプターの感受性が高ければAGAのリスクがたかくなるということなのです。

 

AGAの遺伝子検査というのがあるのですが、この感受性によって判定すると言われています。

 

このDHTが多ければ多いほどAGAが進行しやすくなります。

 

5α−リダクターゼが生成されやすい体質が遺伝する

男性ホルモンがはげの原因とよく言われますが、はげの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)の多さが問題なのです。

 

テストステロンの分泌量に関しては、それ程個人差というものはありません。
しかし、5α−リダクターゼの分泌量は、大きな個人差があります。
そのため、5α−リダクターゼの分泌量の多さがAGAになる人との違いとも言えるのです。

 

そして、この5α−リダクターゼが生成されやすい体質が、遺伝として受け継がれているのが有力説です。

 

遺伝が関係するはげの対策について

はげと遺伝は関係がありますが、全てが関係あるわけではありません。
はげになりやすい体質が遺伝として受け継がれるのですが、色々な対策をすることにより、はげを押さえることもできます。

 

お医者さんでAGA治療したり、育毛サロンに通うのも方法ですが、この5α−リダクターゼを阻害する成分を配合し、DHTの生成を抑制する育毛剤も発売されています。

 

加齢によって、薄くなるかもしれませんが、対策を講じることによって進行を遅らせることは十分可能なのです。

 

5α−リダクターゼを阻害するものとは

5α−リダクターゼを阻害する成分配合の育毛剤も最近増えてきました。
薄毛の原因の大半を占めると言われていることから、研究も進んできました。

 

AGA(男性型脱毛症)対策と言えば、お医者さんで処方されるプロペシアが有名です。また、海外から取り寄せるフィンペシアやエフペシアもプロペシア同様有効成分フィナステリドが配合されています。まだ日本で使い出して日が経っていないので、私の回りにも副作用はないようですが、何年も続けて飲むリスクはないこともないと思います。

 

確かに即効性はあり、実際にそれで効果が出ている人も多いのですが、体毛が濃くなる、逆にうすくなるといった現象は見てきました。
ですので、こういった医薬品を使うのがイヤだなと思う人は、効果は穏やかでも育毛剤やシャンプーを使って、ストレスに対処し、生活環境を見直すと言う方法を管理人はお薦めします。

 

こういった5α-リダクターゼやテストステロン、そしてレセプターといったハゲる要素が親から似る、遺伝するということなのです。
しかし、これらの要素だけでなく、その他のストレスや生活環境とがからみ合って、頭皮環境が悪化したり、毛乳頭細胞が不活性化することもあります。
ですので、ある意味、後天的な遺伝とも言えますので、早く対策をすることによって、少なくとも薄毛の進行はとまります。
遺伝だからと諦めないで、自分に合う育毛対策を行うことが大切ですね。


メニュー

キャピキシル配合ローション

このページの先頭へ