スカルプD12代目の効果

スカルプD12代目の効果!11代目との違いがわかるレビュー

スカルプD12代目は11代目とどう違うの?洗い比べまとめ

スカルプD10、11、12代目

 

スカルプD12代目が5月発売になるということで、4月中旬に予約で購入を申し込みました。
それにしても毎年のようにリニューアルされ、進化しているスカルプD。
6年連続男性シャンプーシェア第1位とか、楽天ランキング全商品総合第1位となっているほど、人気スカルプシャンプーです。

※追伸スカルプD13代目が29年8月9日に発売されました。
予約申し込みで8月9日に商品が届きましたので、洗い比べてレビューしています。詳細は、13代目スカルプDを実際に使った効果!12代目との比較レビュー付きをご覧ください。
今回はネクストというシャンプーもラインナップされましたね。メッシのCMを見た方も多いと思います。

 

まぁ、ネイマール、宮迫博之、COWCOW多田、ジャングルポケット斉藤、サッカー日本代表森岡など多数の有名人が愛用しているというCMが流されていたことも、爆発的に売れている理由にはなっていると思います。

 

とはいえ当然、「進化したってどう違うの?」という疑問をもつことでしょう。あなたも興味ありますよね?

 

11代目もそうですが、口コミをいろいろと見てまわっても、いまいちよくわかりませんよね。やはり10、11、12と使い比べてみないと……。

 

ここでは、10代目、11代目と使い続け、今回新たにリニューアルされて発売された12代目も使って洗い比べたTさんの情報を元に、スカルプDはどう進化したのか、違いはどうなのか?というレポートをまとめてみました。

 

結果的には、髪のボリュームアップ効果が上がって高評価なのですが、はげ対策としての基本、頭皮ケアによいシャンプーを購入しようとしている方の参考にしていただけたら幸いです。

 

スカルプD12代目(OILY)を買ってみた!

スカルプD12代目購入箱の中身

 

Tさんは、11代目のOILYタイプとコンディショナーを実際に使っていて、まだ残っていました。ですが、12代目を早く試したかったので、予約販売された4月早々に申し込んだわけです。

 

11代目の使用感は、10代目に比べても優しい洗いあがりに仕上がってきたと評価はしていましたが、それでも強めの洗浄力だと感じていました。しかし、口コミを見ると「控えめな洗浄力」、「まずまず低刺激」といった物足らなさを感じる方もいて、人によって評価が分かれるんですね。

 

今回の12代目スカルプDのラインナップを見ると、今までのオイリー[脂性肌用]とドライ[乾燥肌用]だけでなく、ストロングオイリー[超脂性肌用]というのがあります。スカルプD史上最強のストロングということですが、11代目で控えめな洗浄力と評価した方が満足できるものをということで加わったのかもしれません。

 

さらに男を上げる

 

それにしても、スカルプD史上最強のストロングというのは、どんなものなのでしょうか?
史上最強というぐらいですから、初代、2代目よりも強力ということでしょうか?

 

試しにこちらを買ってみようかとも思いましたが、11代目でも洗浄力が強めと感じていたので、これ以上のものはやめておこうということにしました。一般的な男性の場合はベタつく頭皮をスッキリ洗浄するオイリーで良いと思います。

 

今までもスカルプDを使っている多くの男性に聞きましたが、そのほとんどはオイリータイプでした。女性は当然スカルプDボーテがほぼ100%です。

 

なお、今回は11代目のコンディショナーがまだ残っていることと、それほどのリニューアルはされていないようなので、購入は見送りました。ただ、スカルプDはシャンプーとコンディショナーを併用することでボリュームアップ効果も上がりますので、初めての方はコンディショナーとのセットで購入することをおすすめします。

 

12代目スカルプD(OILY)!このシャンプーの特徴は?

12代目スカルプDシャンプーオイリー

 

アミノウォッシュ+の選択洗浄機能

脂肪酸(12,14)アシルアスパラギン酸Na液

10代目から配合された洗浄成分アミノウォッシュ+。
アミノ酸系は、一般的に泡立ちが悪い、肌に優しいけど洗浄剤が弱いというデメリットがあります。そこでアンファーが独自に開発したのが、アミノウォッシュ+です。(表示名称は、脂肪酸(12,14)アシルアスパラギン酸Na液)

 

数十種類もの洗浄成分を研究し、泡立ちや泡の細かさ、洗浄力、保湿力、髪のボリューム、皮脂溶解性、細胞毒性、使用感といった多くの比較項目から優れた洗浄剤が開発されました。

 

洗浄能力をあげすぎると保湿不足になり、皮膚が乾燥してしまいます。そうなるとバリア機能の低下を招き頭皮環境が悪化します。余分な皮脂だけを取り除く選択洗浄性の高い界面活性剤で、バリア機能を保持し、毛髪表面のダメージも少ないことが確認されています。

 

3つの豆乳発酵液で頭皮トラブルにアプローチ

緑大豆・黒豆・黄大豆

 

乳酸、ポリフェノールおよびイソフラボンが高含有の豆乳発酵液。従来の黒豆に加え、緑大豆・黄大豆を新たに追加しパワーアップしました。

 

アンファーが独自開発した豆乳発酵粉末は優れたエストロゲン受容体αアゴニスト活性作用があることが確認されています。つまり、男性ホルモンの影響で引き起こる頭皮トラブルにもアプローチし、頭皮環境を整えてくれるのです。

 

通常の豆乳発酵液と比較すると遺伝子の発現に変化があり、トリコグラム試験でも、毛髪の成長速度、太さ、密度ともに変化が認められました。従来の保湿・美白・抗酸化の作用に育毛効果を加わったのです。

 

ラメラエクスパンダーで有効成分の浸透率UP

ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液

 

細胞と細胞の間を潤いで満たして広げるラメラエクスパンダー。

 

シャンプーにジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液を配合することで、発毛有効成分や頭皮ケア成分の浸透効率をアップ。また、スカルプDパックコンディショナーとの併用で、浸透率がさらに高まり頭皮環境を整えます。
有効成分:シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール(保湿成分)

 

商品の概要

定期購入価格 3,315円 (税込)配送間隔はいつでも変更可能/送料無料/解約には、3回以上の購入が必要
通常価格 3,900円 (税込)公式サイトなら送料無料
内容量 350ml
使用量目安 2ヶ月から3ヶ月
総合評価 評価4

 

▼スカルプDアンファー公式サイトにリンクしております!▼

 

アンファースカルプD公式サイトはこちら

※只今、最新は13代目になっています。

 

スカルプD[オイリー]12代目を使って気づいたこと!11代目との違いは?

スカルプD11代目と12代目シャンプー

 

今回は発売前に予約申し込みしていたので、発売日の5月6日に商品が届きました。

 

中身はシャンプーの他に「HAIR&SCALP CARE HAND BOOK」というタイトルのパンフレットと「お買い上げ明細書」が入っていました。お買い上げ明細書の裏をみると返品に関することも書かれていますね。商品到着後、9日以上経過すると、返品・交換はできないそうです。

 

パンフレットを見ると12代目スカルプDシャンプーのラインナップが表示され、メカノバイオによるヘッドスパについても書かれています。手では出来ない動きを実現するということですが、要はゴシゴシ頭皮を擦るのではなく、頭皮を掴んで揉むようにするということのようです。頭皮だけを動かす髪様シャンプーという方法がはげ対策にとって理想的なのですが、指の腹でうまく出来ない方はメカノバイオを利用してもいいかもしれませんね。

 

男性

頭皮エステ用スカルプDメカノバイオとは

アンファーが日本医科大学と共同開発した、手では出来ない「理想的な動き」をパナソニックが美容家電で培った技術で実現しました。ブラシとモードで頭皮を大きく動かします。

 

12代目スカルプDを使ってみたらこうだった

スカルプD12代目シャンプー使用

 

スカルプDは容量350ml。今までの経験上、男性のショートヘアなら、1本2ヶ月以上はもつと思います。容器のカタチは少しづつ変わっていますが、ポンプ式は同じです。

 

ほぼ透明の濃厚なとろりとした液体。まずは汚れをしっかりとシャワーで流してからシャンプー剤を手に取り、両手で泡立てます。

 

男性

いきなりシャンプー剤を髪に付けずに、両手で泡立てたシャンプー液を髪全体につけ伸ばし、軽く髪と頭皮の汚れを浮かして取る程度にマッサージします。

シャンプーは2度洗いするので、1回目はこのように軽く洗髪してからすすぎます。

 

なお、シャンプー剤は2プッシュ(6cc)を目安という説明もありますが、それでは使いすぎだと思います。もちろん髪の量、長さによって違いますが、男性でロン毛でなければ、半プッシュでOKではないでしょうか。
汚れがひどい時は、泡立ちが良くないかもしれませんが、2度洗いするので、1度目は、そこまで泡をたてなくても大丈夫ですね。

 

続いて、2回目のシャンプー

1回目もそうでしたが、やはりスカルプDは泡立ちがすごいですね。頭皮を揉むようにマッサージしても髪がギシギシしたり、引っ掛かったりはありません。

 

ねっとり感のあるリーブ21のシャンプーやチャップアップシャンプーを使った人だと、少々洗浄力が強めと感じることもあるでしょう。しかし、、12代目は随分洗髪しやすくなっています。

 

頭皮だけを動かすマッサージ法はやりやすいか?

髪様シャンプー

板羽さんという方がテレビで紹介していた髪様シャンプー。ごしごし洗いはNGで指の腹で頭皮だけを動かしてシャンプーする方法です。これには、ある程度クリーミーな泡立ちが必要で、頭皮と指の間に膜(バリア)を張るような泡質がいいのです。

 

スカルプD12代目は、11代目に比べてもクリーミーさは増しています。絹のようなきめ細やかもあり、吸着力が優れているので、問題なく髪様シャンプー風に頭皮を動かすことはできました。
ハンドブックにも紹介している頭皮を大きく動かすメカノバイオの併用を薦めているぐらいですから、当然といえば当然ですね。

 

気になるニオイは?

スカルプDの香りは、公式ページによると、各商品ともユーカリの清涼感のある香りをベースにしているそうです。オイリーではスペアミントの爽快感のある香りをエッセンスとして加えています。

 

さて、11代目では少し消毒液のニオイがして、それを気にする人もいました。管理人はそれほど感じなかったのですが、12代目スカルプDオイリーの香り・ニオイは、どう変わったのでしょうか?

 

もう何日も使っていますが、消毒っぽいニオイはほぼ感じませんね。その辺りも解消されているのかもしれません。

 

ユーザー

詳しくは分からないのですが、消毒っぽいというのは、配合されているサルチル酸が理由かもしれません。

サリチル酸は肌の雑菌の繁殖を防ぎ、角質を柔軟にする働きがある成分。殺菌防腐作用があるので、消毒っぽいニオイがあるのかもしれません。また、角質溶解作用(ピーリング作用)で、古くなった頭皮の角質を溶かし、毛穴のつまりを予防するとされています。

 

なお、ドライではハーバルな柑橘系の優しい香り。パック(コンディショナー)では爽快で鎮静させる香りです。
12代目のラインナップに加わったストロングオイリー[超脂性肌用]ですが、こちらの香りは、公式サイトを見ても表示されていません。もしかしたら、こちらは、初期のスカルプDに近い強めの洗浄力ということで、殺菌作用は強く、ニオイもあるのかもしれませんね。

 

洗いあがりの使用感は?

男性髪乾かす

2度洗いが終わり、シャワーで流す時も、髪の引っ掛かりやキシミはほとんど気にならなくなりました。

 

さて10代目では相変わらずのキシミ感がありましたが、11代目ではそれがかなり解消されていました。とはいえ、まだ他のアミノ酸系ノンシリコンシャンプーと比べると、洗い流す時のキシミはホントに少しですが、残っていたのです。

 

それが12代目ではほぼ感じなくなっていました。シャンプーだけで、しっとりと保湿ということまではいきませんが、コンディショナーとの併用はさらなる髪のボリュームアップ効果とサラサラふんわり感が増していますね。

 

最近のアミノ酸系シャンプーは、使った感触は粘り気があって、リンスが必要ないのですが、スカルプDはやはりコンディショナーとの併用が基本だと思います。

 

随分キシミ感は少なくなったとはいえ、他の有名アミノ酸系に比べるとまだまだ髪の引っ掛かり感はあったのですね。
それが11代目では、かなり解消され、さらに優しい洗いあがりになっていたのです。洗っている時のゴワゴワ感がほぼなくなり、洗い流す時の髪の引っ掛かりも問題ない程度になっていました。

 

優しすぎて物足らないという口コミもありますが、それでも管理人的には、まだ少なからず引っ掛かり、キシミ感があった11代目。

 

そういった気になる点は12代目では見事に解消されていました。

 

11代目と比べると泡質はクリーミーで頭皮を動かせやすくなっている。

洗った後の爽快感も上がっている。

ふんわり、ボリュームアップ効果は12代目が上。

 

▼頭皮がべたつく方、髪にハリ・コシとボリュームがほしい方用のシャンプー▼

 

アンファースカルプD公式サイトはこちら

※只今、最新は13代目になっています。

 

ストロングオイリー[超脂性肌用]について

ストロングオイリー

ストロングオイリーは「まだまだ頭皮のべたつきが気になる」「脂をできるだけ落としたい」など、超脂性肌悩んでいる方の声から誕生しました。

圧倒的な皮脂洗浄力を目指して、ストロングウォッシュ処方が採用され、濃密な泡が、頭皮の汚れをしっかりと絡み取ってくれます。

 

11代目での皮脂除去において、物足らなさを感じた方も多かったことは、口コミを見ても確認しています。そのため12代目では、より優しさを追求したオイリーとは別に超脂性肌用、ストロングオイリーをラインナップに加えたのでしょう。

 

ストロングオイリーの口コミはまだ少ないのですが、11代目オイリーに比べると泡立ちが悪いという書き込みが見受けられました。ただし、やはりアブラはかなり取れるそうですね。また、リニューアルした違いが分からないという口コミもありました。

 

オイリーの場合は、11代目と12代目を交互に洗い比べると、その違いが分かるのですが、ストロングに変えた場合は、分かりづらいのかもしれませんね。

 

スカルプDボーテについて
スカルプDオイリーやドライは女性でも問題なく使用できますが、脂(アブラ)をしっかりと落とすために、洗髪後の髪はキシキシします。その点、スカルプDボーテは女性のデリケートな頭皮に必要以上な負担をかけずシャンプーすることができます。女性の悩みに多い、ハリ・コシを維持するための成分に徹底的にこだわったシャンプー&トリートメントとなっています。また、頭皮だけでなく洗髪後の髪の仕上がりまでも重要視していて、頭皮と髪をしっかり保湿し、髪全体の艶感をアップさせます。


スカルプD12代目の効果!11代目との違いがわかるレビュー関連ページ

チャップアップシャンプーの口コミと効果を検証!
チャップアップシャンプーが発売され、毛髪診断士&美容師が開発したシャンプーとして注目されています。実際に1本定期便に申し込み、数ヶ月使ってみたからこそ分かる効果と他の口コミとの違う観点・評価、成分解析を参考にしてください。
ウーマシャンプープレミアムを実際に使った効果と口コミを検証!
ウーマシャンプープレミアムは、不飽和脂肪酸が多く含まれている馬油を贅沢に使用し、保湿成分や加水分解ケラチン等も追加配合されました。髪のハリやコシ、ボリューム感が断然違うと口コミでも評判ですが、実際に購入して頭皮・髪の変化等を確かめました。
ブラックシャンプーの効果的な使用法まとめ
ブラックシャンプーの効果的な使用方法についてまとめました。頭皮にダメージを与えることは少ないとはいえ、洗浄剤には違いないので、あまり長い時間放置するのはよくなく、シャンプーマッサージとパック放置の合計で4分ぐらいが妥当ではないと考えています。
ブラックシャンプーの評価と口コミまとめ
プレミアムブラックシャンプーは、楽天ランキング男性化粧品ヘアケア部門で連続第1位を獲得した人気のシャンプー。サラッとした仕上がりが実感でき、3分間ヘアパックとして使えば、育毛効果がアップします。ブラックシャンプーの評価と口コミをまとめてみました。
13代目スカルプDを実際に使った効果!12代目との比較レビュー付き
スカルプDから13代目が発売。頭皮を洗うから、頭皮を変える(厚くする)というのが大きな特徴です。また、今回はNEXT(ネクスト)もラインナップされました。13代目スカルプDを実際に使い、12代目との比較を交えながら、効果や成分を徹底解剖してみました。
スカルプD13代目が発売!第3世代で頭皮を変える?
13代目スカルプDシャンプーが発売され、頭皮を洗うから、頭皮を変えるへ進化。頭皮を厚くするアプローチが最大の特徴でスカルプD第3世代へと変化しました。豆乳発酵液の抗男性ホルモンや頭皮に成分が浸透する技術、新洗浄剤など従来よりもパワーアップ。
リーブ21シャンプーの評価と口コミ
発毛プロのリーブ21が37年かけて開発したノンシリコンシャンプーは口コミでの評価も高く、ハリ・コシがない髪、ベタベタする頭皮など、髪に悩む多くの人がその効果を実感しています。そのお得なトライアルセットの紹介です。
ウーマシャンプーの馬油効果で頭皮ケア
ウーマシャンプーは育毛に必要な不飽和脂肪酸を多く含み、浸透力・保湿力のおかげで、傷んだ頭皮を正常にする効果があります。口コミも多く評判も良いのですが、実際に使って頭皮や髪はどう変わったのかを徹底検証しました。
髪様シャンプーの効果的なやり方!
髪様シャンプーはゴシゴシ擦るのではなく、指の腹を使って頭皮だけを動かして洗髪する方法。ヒトデ、イカ、カニ、イソギンチャク、エイ、サザエといった6種類の組み手があります。しっかりと実践するための方法と注意すべき点を解説しています。