ブラックシャンプー 効果

ブラックシャンプーの効果的な使用法まとめ

ブラックシャンプーの効果的な使用法をまとめてみました

ブラックシャンプー手に取る画像

 

スカルプシャンプーとして、リニューアル以降、プレミアムとして増々人気がでてきたブラックシャンプー。
管理人はスカルプD→ウーマシャンプーと使ってきましたが、ブラックシャンプーが一番万人向けかもしれないと思うようになりました。

 

元々、メントール入りのシャンプーは刺激的にあまり良い印象はないのですが、男性の場合、汗をかいたり、疲れた時は軽くスーッとするシャンプーもリラックスできて良いのかなと思いました。
口コミやレビューでスースーしすぎという人もいますが、トニック系、特に床屋さんでやる冷やしシャンプーのような刺激をイメージしているのでしたら、全く違います。

 

まず、洗っている時にはほとんどスーッとはしません。3分間パックとして放置していると徐々にスーッとした感触がでてきます。
私もブラック程度のスーッとなら、冬は寒いので少し気になりますが、普段は問題ないと評価しますね。

 

他の方にも使ってもらいましたが、頭皮が気持ちよくてスッキリするということで、ブラックシャンプーが一番人気になっています。男性は、意外にこういったスースー系が好きな方が多いようです。

 

それに、なんと言ってもリンスやコンディショナーがなくても髪がサラサラしてギシギシしないのがいいですね。

 

ブラックシャンプーの効果的な使用方法

シャンプーは2度洗いでやります。1度目は軽く、2度目でしっかりという流れが基本です。

 

予洗いはしっかりと洗い流す

予洗い

男性の場合は髪が短いので、ブラッシングで髪の汚れを取るということはしなくていいのですが、女性のような長い髪の場合は行います。

最初にシャワーなどで、髪を流すのですが、髪を湿らすという意味ではなく、頭皮・毛髪の汚れをしっかり落としておくという意味で十分にすすぎ洗いします。こうしておくことで、少ないシャンプー剤の量で泡立つからです。
※アミノ酸系洗浄成分とはいえ、洗浄剤には違いないので、あまり多く使う必要はありません。

 

1度目のシャンプー液は少量で

1度目の役目は、頭皮や髪に付着した汚れを浮かせて洗い流すことです。
ここでは、ほとんどマッサージ的なことはせずに、液をまんべんなく頭皮や髪の毛に馴染ませ、軽く擦る程度で馴染ませ、汚れが浮いたなと思えばすすぎ洗いします。(シャンプー液と汚れが残らないように流します)

 

2度目のシャンプーでマッサージを入念に

1プッシュ・半プッシュ

髪の長さでもちろん違いますが、管理人のようなトップ10cmほどのショートカットなら半プッシュで十分です。
左の写真は1プッシュ分ですが、これだと多すぎました。なお、1回目のシャンプー時も半プッシュで大丈夫でした。
1回目は半プッシュでは泡立ちはそれほどたちませんが、汚れを落とす程度でよいので気にしなくていいでしょう。
半プッシュでも、もう少し少なくても2回目では十分な泡立ちになります。

 

入念なマッサージとは

ここで、皆さんはおそらく、強めにゴシゴシ洗うのではないでしょうか。
はげになって、髪が細い、またうぶ毛状態の人はゴシゴシ洗いはNGです。
成長段階の弱い髪が抜けてしまいます。

 

詳しいやり方は髪様シャンプーの記事で書きますが、ゴシゴシではなく、頭皮だけを動かすようなマッサージをして毛穴の汚れを浮かし、血行促進させます。
なお、耳の上の側頭部や頭の後ろの薄くならない部分は面倒ならゴシゴシ洗いでも構いません。ただし、血行促進の意味では後頭部から首にかけてのマッサージは重要です。

 

髪様シャンプーが面倒で時間がない場合は、とにかく髪を引っ張って抜けてしまわないように、細毛の気になる部分は軽く擦る程度にしてください。

 

3分間パックについて

シャンプー中

髪様シャンプーをしっかりとした場合、十分な時間は経っていますので、この3分間パックはしなくてもいいと思います。やったとしても1分間ぐらいでいいでしょう。

 

普通に軽い擦るシャンプー法の場合は、3分パックとして放置しておきます。もちろん、毎日はしなくても大丈夫でしょう。
口コミやレビューサイトの中には、気持ちいいので5分ほど放置していた。
長い方が良いというようなことを言ってる人もいますが、あまり長い時間は放置しないほうがいいです。

 

ブラックシャンプーの洗浄成分は、アミノ酸系のコカミドプロピルベタイン、ヤシ脂肪酸グリシンK、ラウロイルアラニンNaです。
これらは全て低刺激で安全性が高く、頭皮にダメージを与えることなくとなっていますが、やはり洗浄剤には違いないので、あまり長い時間放置するのは関心しません。
シャンプーマッサージと放置の合計で4分ぐらいが妥当ではないと考えています。

 

すすぎは十分に行う

ブラックシャンプーは微かなオレンジの香りがしますが、このニオイをおいておきたいからと、すすぎが不十分になってはいけません。
洗浄剤ですので、やはり頭皮に残らないようにたっぷりと洗い流します。

 

よくスーパー銭湯に行くのですが、シャンプー剤を使い過ぎて、過剰なほどの泡を立てて洗っている方がいます。
まぁ、もったいないという程度で、それは構わないのですが、ゴシゴシ洗いもさることながら、すすぎが短いのです。
本人はよく流しているつもりでしょうが、私どもからみると全然流し足りません。
成分がすすぎ不足になりますと、頭皮にダメージを与えますので注意しましょう。

 

ドライヤーで乾かす

ドライヤー

最後にドライヤーで乾かすのですが、このまま自然にほっておく人もいます。

濡れたままにしておくのは、体温によって蒸れることになりますので、これも頭皮にダメージを与える一因になります。

 

育毛剤を付ける場合は?

昔の育毛剤は刺激がきついものが多かったので、頭皮が少し湿った状態でないとダメージを与えることもありました。
しかし、最近の低刺激で頭皮に優しい育毛剤を付ける場合は、頭皮や髪をドライヤーで乾かしてから付けます。そのほうが浸透しやすいからです。

 

育毛剤を付けて、軽くマッサージをしてすぐにドライヤーで乾かさずに、少し放置します。
髪の根元からも毛根に浸透させたいため、5分ほどおいてから乾かします。

 

以上がブラックシャンプーを使った育毛方法です。是非、参考にしてください。

 

ブラックシャンプー公式サイトはこちら


ブラックシャンプーの効果的な使用法まとめ関連ページ

チャップアップシャンプーの口コミと効果を検証!
チャップアップシャンプーが発売され、毛髪診断士&美容師が開発したシャンプーとして注目されています。実際に1本定期便に申し込み、数ヶ月使ってみたからこそ分かる効果と他の口コミとの違う観点・評価、成分解析を参考にしてください。
ウーマシャンプープレミアムを実際に使った効果と口コミを検証!
ウーマシャンプープレミアムは、不飽和脂肪酸が多く含まれている馬油を贅沢に使用し、保湿成分や加水分解ケラチン等も追加配合されました。髪のハリやコシ、ボリューム感が断然違うと口コミでも評判ですが、実際に購入して頭皮・髪の変化等を確かめました。
スカルプD12代目の効果!11代目との違いがわかるレビュー
10代目、11代目と使い続け、リニューアルされた12代目スカルプDオイリーも使って洗い比べました。髪のボリュームアップ効果等、スカルプDの特徴と、どのように進化したのか、違いはどうなのか?というレポートをまとめてみました。
ブラックシャンプーの評価と口コミまとめ
プレミアムブラックシャンプーは、楽天ランキング男性化粧品ヘアケア部門で連続第1位を獲得した人気のシャンプー。サラッとした仕上がりが実感でき、3分間ヘアパックとして使えば、育毛効果がアップします。ブラックシャンプーの評価と口コミをまとめてみました。
リーブ21シャンプーの評価と口コミ
発毛プロのリーブ21が37年かけて開発したノンシリコンシャンプーは口コミでの評価も高く、ハリ・コシがない髪、ベタベタする頭皮など、髪に悩む多くの人がその効果を実感しています。そのお得なトライアルセットの紹介です。
ウーマシャンプーの馬油効果で頭皮ケア
ウーマシャンプーは育毛に必要な不飽和脂肪酸を多く含み、浸透力・保湿力のおかげで、傷んだ頭皮を正常にする効果があります。口コミも多く評判も良いのですが、実際に使って頭皮や髪はどう変わったのかを徹底検証しました。
髪様シャンプーの効果的なやり方!
髪様シャンプーはゴシゴシ擦るのではなく、指の腹を使って頭皮だけを動かして洗髪する方法。ヒトデ、イカ、カニ、イソギンチャク、エイ、サザエといった6種類の組み手があります。しっかりと実践するための方法と注意すべき点を解説しています。