はげ 対策

リンク

リンク集

目指すのは髪本来の機能再生

 

はげ・薄毛で悩む男性が増えています。しかも20代前半や10代後半のいわゆる若ハゲも多くなっているのです。はげ・薄毛は放っておくと進行してしまいますので、生活習慣を改善することや、シャンプー等による頭皮ケアや育毛剤を使って早めに予防と対策をしたほうがいいでしょう。

 

また、女性の薄毛や抜け毛に関する悩みも予想以上に増えています。女性専門の薄毛治療のクリニックや病院もあるほどなので、男性より深刻に捉えている方が多いのでしょう。女性の薄毛や抜け毛が増え、髪が細くなる原因を知り、早めに正しい対策や予防を始めることをオススメしています。当サイトのはげ対策では、主に男性のはげに有効な育毛剤やシャンプーなどのアイテムや育毛方法などを紹介していますが、女性の悩みについても書いていきたいと思っています。

 

男性の場合、M字、生え際から薄くなる場合が多いのが現状です。しかし、生え際の育毛は、効果が表れにくいと言われています。薄毛の原因として悪玉男性ホルモンのジヒドロテストステロンが有名ですが、その元となる酵素が5αリダクターゼです。この酵素を阻害するというコンセプトで多いのが育毛剤やプロペシア(フィナステリド)なんですね。

 

なお、5αリダクターゼにはT型とU型の2種類あり、U型のほうが薄毛を活性化させるパワーが強いと言われています。そして、生え際のはげ対策が難しい原因の一つが、生え際にはT型U型の2種類の5αリダクターゼが存在するからなのです。もちろん、頭頂部よりも頭皮が固く、毛細血管への血流も悪いことも原因です。

 

そんな中、生え際対策用の効果の高い育毛剤も現れてきました。M字型用のプランテルが発売されていますよね。基本的には、やはりシャンプーやマッサージ等の頭皮ケア、そして育毛剤を使いながら、体の中からの対策をすることも大切になってきています。

 

フィナステリド配合のプロペシアやエフペシア等は、5αリダクターゼを抑制するためのもの。ボストンサプリやグングンといった育毛サプリも多く発売されています。

 

当サイトで紹介している育毛剤の中でもサプリとのセットで販売するものが増えてきましたよね。健康補助食品ということなので、効果のほどは分かりませんが、育毛剤やシャンプーの外からのはげ対策だけでは限界があるんでしょうね。血流を良くし、栄養を与える、体の内からの育毛が当たり前になってきたということです。

 

はげ対策には育毛剤やシャンプーで頭皮環境を整える事はもちろん重要ですが、それだけでは髪の悩みの根本的な解決にならないことも事実なんですね。

 

当サイトでは、はげ対策に役にたつサイトとリンクしています。合わせてご覧ください。

 

 

 

ウーマシャンプーとスカルプDシャンプーの効果を比較しながら、ウーマシャンプーを評価しました。スカルプDと並んで大人気の育毛シャンプーですが、使い方や個々の頭皮の状態により、逆効果になることもあります。髪のプロから見たウーマ(馬油)シャンプー効果を評価します。馬油シャンプーには皮膚への強力な浸透力、皮膚の抗炎、抗酸化・殺菌効果があります。その馬油が持つ特徴を活かしたシャンプーが馬油シャンプーなのです。皮脂を取りすぎずに頭皮を洗い、毛根を清潔にします。
ウーマシャンプーの効果と評価(髪のプロが教えるシャンプー法)

 

 

 

ネットであふれる育毛剤ランキング。育毛アドバイザー、元美容師の3兄弟と薄毛に悩む一般人が、人気の育毛剤を実際に試してみました。育毛の効果などを評価して比較・ランキングします。
育毛剤の比較ランキング

 

 

 

育毛プロが育毛剤の効果を徹底検証した比較ランキングサイトです。多くの髪の毛を見てきた管理人が、徹底的なリサーチによる最新情報をご紹介しています。育毛剤・シャンプーの選び方やその方法もお伝えします。
育毛剤 比較

 

 

抜け毛や薄毛、頭皮の悩みをお持ちなら、世界に認められたノンアルコールのM−1育毛ミストを一度使ってみてはいかがでしょうか。色々なシャンプーや育毛剤を使っても効果が出ない方は、一度頭皮をピーリングしてリセットする必要があります。頭皮トラブルが解消したという口コミも多数あります。刺激性も低く、頭皮を労わりながら、薄毛・抜け毛の予防、育毛効果が出ると評価されています。

 

M−1育毛ミストの効果を最大限にいかすポイントとは?
M−1育毛ミストを朝と夜の2回塗布、髪ではなく頭皮にまんべんなくつける、頭皮環境を整える、毛穴に浸透させるマッサージやブラッシングをする。